これから婚活を始める30代の結婚を応援するサイト

適齢期になれば自然と……なんて時代は終わりました。幸せを掴んでいる人は行動をおこしている人!待っているだけでは運命の人に出会えません!このサイトでは管理人の体験談なども載せていますので、これから考えてみよう!という方は参考にしていただければと思います。

真剣に将来を考えている人へ。

HOME >  結婚相談所に行く前に見るページ  >  相談所の安心マークとは

相談所の安心マークとは

結婚相談所のホームページを確認すると、「ウチは安心・安全ですよ!」というマークがいくつも並んでいるのを見かけます。それぞれのマークが何を表しているのか、詳しく調べてみました。

安心・安全マークの種類とは

◆Pマーク(プライバシーマーク)
設立:1967年12月
運営:一般財団法人日本情報経済社会推進協会
個人情報を適切に扱っているかどうかを指標にできるマークとして認識されている方も多いと思います。この協会では、「個人情報」を「基準」に沿って適切に取り扱っているかを評価し、適正と判断した事業者を認定する制度です。認定する基準は日本工業規格(JIS)の「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合しているか、業界のガイドラインに適合しているか、都道府県の条例などにも適合しているか、個人情報の保護に関する法律に適合しているかを評価。認定されると事業者は基準とされるルールや手続きに従って個人情報を取り扱う必要があります。

 

◆CMS(シーエムエス)
設立:不明
運営:特定非営利活動法人 日本ライフデザインカウンセラー協会
経済産業省が作成したガイドラインをもとに、特定商取引法や個人情報保護法などの関係法令が選手されているかを第三者機関が厳しくチェックし、審査基準を満たしている結婚相手紹介サービス業へCMSマークの認証を発行する仕組み。このCMSマークを取得しているのは、ツヴァイやパートナーエージェント、IBJメンバーズのほか、仲人連合会などに加盟している小規模な結婚相手紹介サービス業が多いようです。

 

◆ims(アイエムエス)
設立:2009年3月
運営:特定非営利活動法人 結婚相手紹介サービス業認証機構
消費者が安心して結婚相手紹介サービスを利用できるよう、サービスの質や信頼性について、第三者が評価し認証を与えています。この認証を付与されるには「消費者への十分かつ適切な情報提供」「消費者との適切な契約・解約」「確実な本人確認と独身証明」「顧客相談窓口の充実」「個人情報の保護」などの事項に対して審査して認められたサービスのみようです。

 

◆MCSA(マクサ)
設立:2006年4月
運営:結婚相談業サポート協会
この協会員の結婚相談所は、個人情報を経済産業省ガイドラインに適合した個人情報保護方針に従って取り扱う事を誓約しているようで、とくに認定は無いようです。但し、この協会が事業者を指導・育成するなどのサポートをし、定期的に協会員を集めて研修会を開催したり、相談や問い合わせにも対応するなど、業界の信頼性を向上させるための取り組みを実施。

 

◆JMIC(ジェミック)
設立:2008年5月
運営:日本結婚相手紹介サービス協議会
日本国内で結婚相手紹介サービス業を営む事業者などが加盟し、業界の健全化を図る目的で発足した協議会。お客様相談室を設置し、消費者から寄せられる相談に対応してくれるようです。加盟しているのは、IBJや茜会、誠心、ツヴェイ、ノッツエ、パートナーエージェント、マリックス、オーネットなど。

 

このように調べてみるといくつかの「安心・安全マーク」がありました。これから結婚相談所を利用して、婚活をしようと思っている方は自分の個人情報を相談所に渡す必要があるので、マークについて知っておくといいでしょう。

 
ページの先頭へ
運営者情報
copyright (c) 30代の婚活口コミサイト All Rights Reserved.